家電選び参考所
 
トップ > DVDレコーダー >

[ DVDレコーダーの基礎知識 ]

DVDレコーダーの活用例

スポンサーリンク

 通常のDVDレコーダーではHDDに大量に録画でき、頭出しも消すのも一瞬ですから、録画時間(VHSではテープ残量)を気にせずたくさんの番組を録画することが出来ます。見たい情報があるかどうかわからないがとりあえず録っておく、という使い方もできます。

 大容量のHDDとDVDドライブを活かした、DVDレコーダーの便利な活用法を具体例を挙げて紹介します。

録画・再生

予約録画の実行中に帰宅 → 今すぐ見たい

 10時からの番組を録画予約しておいた。10時20分に帰宅した。番組録画が終わるのを待たず、すぐに番組の最初から再生。(録画中番組の再生)

お目当てのものはいつ出てくるかわからない → 全部録画したい

 大容量HDDで、テープのような残量を気にせず長時間録画できるので、情報番組やワイドショーを毎日手当たり次第大量に予約、早送りで見たいところだけを素早く再生、気になる情報を逃さずチェック。

長期間留守にする → 大量に予約したい

 大容量HDDなので、数週間に及ぶ長期の旅行前に大量の録画予約をし、帰ってきてからゆっくり見る。200GBの機種だと標準モード(SPモード)で約90時間も録画可能。

見たら消す番組、保存版にする番組を同時に予約したい

 前日夜に翌日放送の映画や音楽など複数の番組をHDDに同時録画予約。留守中に録画が終わり、すべてを鑑賞後、消すものは消し、保存するものはジャンル別・番組別に違うDVDにダビングし保存。途中でテープやディスクの入れ替え必要なし。

編集

残したいのは一部だけ

 歌番組では、好きな歌手の部分だけを残して他をカット、DVDにダビング
 → 好きな曲ばかりが集まったDVDが完成。追記も可能。ダビングしても画質は落ちず、失敗もなし

CMはカットしたい

 保存したい映画やドラマ、アニメ等のCM部分をカット、本編だけをDVDにダビング
 →次回鑑賞するときにCM飛ばし不要でじっくり見られる。ディスク容量も節約

スポンサーリンク
通販のポイントが
コンビニで使える
キャラクターEdyカード くまモン(フェイス)
貯まったポイントをEdyに
交換し、店で買い物

Copyright © 家電選び参考所 All Rights Reserved.     このサイトについて  プライバシーポリシー