家電選び参考所
 
トップ > DVDレコーダー >

[ DVDレコーダーの選び方 ]

内蔵録画機別

スポンサーリンク

 最近のDVDレコーダーはDVD単体の機種よりもHDD(録画用ハードディスク)やVHSを内蔵したものが中心になっています。

 内蔵録画機別ではHDD内蔵が2タイプ・HDDなしが2タイプ、合わせてこの4タイプに分けられます。

HDD内蔵

HDDなし

 通常のテレビ録画の使い方としては大容量である内蔵HDDに録画、見終わったら消す、残したいものはHDDからDVDにダビングまたはDVD直接録画という形が非常に便利なので、HDD内蔵タイプがよく売れています。

 1台の機器で、過去のVHSビデオテープを再生したり、ワンタッチでDVDにダビングしたいという人のためにVHS内蔵機種もあり、こちらも人気です。

=選び方=

 日常的に録画、再生をする一般的な使い方ではHDD内蔵機種がおすすめです。(DVD+HDD か DVD+HDD+VHS タイプ)
通常はこの2つの中からVHSの要・不要でどちらかを選んでください。

 VHS内蔵タイプは、ただ1台の機器にVHSが追加されただけでなく、VHSからDVD等のダビングが面倒な配線をせず簡単なボタン操作で自動的に行えるという利点があります。

 VHSなしの機種も、VHSビデオデッキを外部入力でつないで再生・録画・停止の操作をすればダビングすることができます。VHSを内蔵していない分、価格は安いです。

タイプ選択

 VHSのダビングを簡単にしたい方は
→ DVD+HDD+VHS タイプ

 ダビングはしないが、VHSは必要で全部1台の機器にまとめたい方も
→ DVD+HDD+VHS タイプ

 ビデオデッキは今あるものを使う、ダビングは手動でする、という方は
→ DVD+HDD タイプ

 ダビングをすることはない、またはVHSは不要、という方も
→ DVD+HDD タイプ

 とにかく、DVDからVHS、VHSからDVDのダビングだけをやりたくてテレビ録画は非常に少ない、という方は
→ DVD+VHS タイプ

 ダビングは手動、またはダビングしない、テレビ録画は非常に少ない、という方は
→  DVDのみタイプ

 HDDなしの機種は最新の便利な機能が省かれていますが、HDD内蔵機種との価格差が小さくなっていますので通常はHDD内蔵の機種がおすすめです。

 HDD付きの機種の場合HDDの容量が機種によって違います。番組録画頻度や予算によって選択してください。容量が増えると値段も上がります。200GBの容量では、標準モード(SP)で約90時間の録画が出来ます。

 ハイビジョンでディスクに保存したい場合はブルーレイレコーダーを選んで下さい。

ダビングについての注意

 映画などが録画されたレンタルや市販のVHSビデオソフト、DVDビデオソフトはコピーガードがかかっていますのでダビングは出来ません。ご注意下さい。


この中から、タイプは決まりましたか?

続いて DVDレコーダーの選び方 チューナー別

[説明ページに戻る]
スポンサーリンク
通販のポイントが
コンビニで使える
キャラクターEdyカード くまモン(フェイス)
貯まったポイントをEdyに
交換し、店で買い物

Copyright © 家電選び参考所 All Rights Reserved.     このサイトについて  プライバシーポリシー